白馬で働く使役犬ナナ 働く犬ナナは、山岳救助犬として人々を助けています。

働くワンコ

犬の働く意欲

犬は、人と一緒に働いて生活していました。狩りをしたり、番犬をしたり、牧羊犬などがそれに当たります。
犬=ペット という図式が出来上がり、犬の仕事が無くなったのは、犬と人との起源を考えると、つい最近の事になります。

しかし、よく見ると現在でも、犬は働く意欲を持ち続けているんです。

あなたの犬は
家の近くを通る人に対して、わんわんと吠えていませんか?
散歩のときに通り過ぎるワンコに対してはどうでしょうか?
不意に茂みから飛び立った鳥達に対して、追いかけようとしませんか?
おもちゃを取られないように守ってはいませんか?

これらの行動は、飼い主さん側から考えると問題行動なのですが、僕(ドッグトレーナー)の視点から見させていただくとこれらは、職を失った犬達の働く意欲です。

この気持ちを満たしてあげる為に、人間と同じく、たまにはいつもと違う、経験や遊びに連れ出してあげたいですね。

白馬の犬 リク お花畑での笑顔は 超男前ですね。

使役犬

世間全体から見るととても少ない割合なのですが、現在でも仕事を持った犬達はいます。
それが使役犬です。

あそんちゅスタイルにも、盲導犬候補生だったラブラドールなどが遊びに来たりもしますが、それ以降同じ境遇出身のワンコは見て分かるようになりました。 それほど皆一様に穏やかな静かさを持ち、しっぽや頭を低く保っています。

一方あそんちゅスタイルの宣伝部長ガルボ(クーンハウンド)は、うちが引き取るまではイノシシ狩りの猟犬でした。現在の仕事は、遊びに来るワンコ達に、時に見本を見せてくれますので、ガルボが一緒に行ったセッションでは、殆どの犬が、カヤックドッグポジションに上手く立てたりします。僕が人間のガイドをするのと同様に、ガルボは犬達に教えてくれるガイドという見方が出来ると思います。冬にはスノートレッキング中にカモシカやキツツキなどをいち早く見つけてお客さん達に教えてくれます。

そして、今年のゴールデンウィーク開催(トレッキングデビュー)からガイドメンバーに加わる事となった、ナナ(ジャーマンシェパード)は、現役の山岳救助犬です。

こちらのお仕事は、山で遭難した人を救助したり、雪崩で埋まってしまった人を探すのが本職になります。
今後ナナも宣伝部長ガルボと同じように、あそんちゅスタイルの中での自分の役割を見つけていってくれる事と思います。楽しみですね。

どの犬も、能力の違いはあれど、人の役に立とうと一生懸命に働いてくれているかけがえのないパートナーですね。

犬の働く意欲と 白馬エリアで働く山岳救助,犬のナナの紹介です。